乾燥肌

MENU

乾燥肌の原因になるスキンケア

乾燥肌で悩んでいる方は多いかと思います。乾燥肌の原因にもいくつかありますが、実は間違ったスキンケアのせいで乾燥肌になってしまっている場合も多いというのはご存知でしょうか?

 

間違ったスキンケアで最大のものは、お肌ををこすったりして刺激を与えてしまうということです。こすっているつもりはない…という人でも、例えばふきとりタイプのクレンジングを使っていたり、化粧水をつける際にパンパンと叩くようにつけていたり、顔をスッキリさせるために一生懸命マッサージしていたり、ということはありませんか?これらもお肌に刺激を与えてしまうので、乾燥肌の原因になってしまうのです。

 

そもそもなぜ刺激を与えることで乾燥してしまうかというと、刺激によりお肌が炎症を起こしてしまったり、お肌の角質層が傷ついて肌の保湿能力が低下してしまったりするからなのです。なので、とにかくスキンケアの際はこすらない、優しく、力を入れず、ということを心がけるようにしましょう。

 

具体的には、クレンジングはふき取りタイプは使わない。ふきとりタイプやオイルタイプなどの洗浄力の強いタイプのクレンジングはお肌に負担が大きく乾燥肌を悪化させてしまう恐れがあるため、マイルドでお肌に優しいクリームタイプやミルクタイプのクレンジングがおすすめです。また、化粧水はパンパンと叩くようにつけるのではなく優しくつけるようにします。これらを心がけることでかなり乾燥肌は改善されてくると思いますよ!

 

 

>>ビタブリッドCヘアーは楽天・Amazonで『お試し』が安い?トップページ